「投資・財務面講座」販管費(はんかんひ)って簿記でいうと何?

[財務図表]決算書XBRLをグラフ化するならコレ!

HOME > + 財務図表 > 「投資・財務面」販管費(はんかんひ)って簿記でいうと何?

「投資・財務面」講座

「投資・財務面」講座

ずん太くんのお勧め書籍

ずん太くん林先生と秦先生にサインをいただいたので、ここで書籍をご紹介!!

販管費(はんかんひ)とは?

財務先生「簿記でいうと?」シリーズ第4弾じゃ。

早速じゃが、記事を紹介しよう。

売上高に対する販管費の比率は10社の平均で20.5%と前年同期比0.2ポイント低下した。

ずん太くん今回は大丈夫ですよ。
ズハリ、「販売費及び一般管理費」です。

財務先生うむ、その通りじゃ。

具体的には、どんなものがあるかの?

ずん太くんえーっと

まずは、販売費です。
広告や営業さんのお給料など、営業活動に関する費用が該当します。

そして、一般管理費ですが、
社長さんのお給料や、本社の賃貸料など、本社機能に関する費用が該当します。

財務先生口頭で話す場合は、もっぱら「販管費」じゃの。
さて、前出記事の続きじゃ。

作業効率の改善で人件費を2.5%圧縮し、減収ながら増益となった。余った人員を、来店客数が多い夕暮れの時間帯に配置し、人数を増やさず販売力を高めた。

この人件費は、販売費か一般管理費か分かるかの?

ずん太くんはい、販売費です。
「来店」や「販売力」とあるので、スーパーの店員さんなどの人件費だと思われます。

財務先生そうじゃの。
工場で製品を作る人の人件費は、製造原価に含まれることになる。

ずん太くんのおすすめ関連記事

ずん太くん2011年10月のアクセスランキングっ!

1位 (297人)
2位 (183人)
3位 (159人)
4位 (135人)
5位 (108人)

XBRL可視化ツールの決定版!