「投資・財務面講座」金庫株(きんこかぶ)って簿記でいうと何?

[財務図表]決算書XBRLをグラフ化するならコレ!

HOME > + 財務図表 > 「投資・財務面」金庫株(きんこかぶ)って簿記でいうと何?

「投資・財務面」講座

「投資・財務面」講座

ずん太くんのお勧め書籍

ずん太くん林先生と秦先生にサインをいただいたので、ここで書籍をご紹介!!

金庫株(きんこかぶ)とは?

財務先生「簿記でいうと?」シリーズ第3弾じゃ。

このあたりの用語は、解説されていることが多いので心配はいらん。簿記の用語との違う、という例として紹介しておこうかと思う。

 N社は13日、保有する自社株(金庫株)の半分を15日付で消却すると発表した。簿価ベースでは約4000億円。金庫株消却としては過去有数の規模となる。

ずん太くん先生!この記事、大ヒントが載ってます。

金庫株だけだと分かりませんでしたが、「自社株」を見ればわかります。

「自己株式」のことですね。

財務先生うむ、その通りじゃ。

ずん太くんなぜ、金庫株と呼ぶのですか?

財務先生
本当のところは分からんが、次のような説があるのようじゃの。


・配当もできず、議決権も行使できないため、金庫に保管しておくしかない株式だから
・「Treasury stock(米)」を意訳したから

自己株式について理解するには、簿記・会計だけではなく、会社法やコーポレートファイナンスも学習する必要があるので、頑張ってほしい。

ずん太くんのおすすめ関連記事

ずん太くん2011年10月のアクセスランキングっ!

1位 (297人)
2位 (183人)
3位 (159人)
4位 (135人)
5位 (108人)

XBRL可視化ツールの決定版!